NEWS

検索

更新日:5 日前

『しぜんかんきょう』の第1号では、稲村ケ崎の砂浜流失などの環境破壊問題を特集し、さっそく鎌倉市議会でも議題のひとつに取りあげられるなど、たくさんの反響をいただきました。そして、『しぜんかんきょう』第二号では海辺の街、「逗子・葉山」地区におけるさまざまな自然環境の再生活動に取り組む団体や個人を取材し、この地区の自然環境の現状と将来の展望を取りあげ、この編集方針に賛同していただいた逗子市および逗子市観光協会より後援をいただきました。


『しぜんかんきょう』誌のWEB版はこちらからご覧になれます。




『しぜんかんきょう』誌のPDF版はこちらからダウンロードしてください。

しぜんかんきょう2号_見開き
.pdf
Download PDF • 2.80MB


閲覧数:5回0件のコメント

2021年7月22日に3名の先生方が私たち一般社団法人「日本自然環境保全協会」の顧問に就任いたしました。これから当協会の諸活動に対して、随時専門的な助言をいただけるようになりました。


顧問


鷲尾 幸久

博士(工学)、国立研究開発法人「海洋研究開発機構」監事

「佐賀大学海洋エネルギー研究センター」協議員


石川 仁憲

博士(工学)、「中央大学研究開発機構」教授

「日本ライフセービング協会」救助救命本部長

「海上保安庁」安全推進アドバイザー


許 正憲

博士(工学)、国立研究開発法人「海洋研究開発機構」特任上席研究員


閲覧数:4回0件のコメント